SpamAssassinを外す

Published by:

スパン・メールは多数来るので、サーバは負荷がかかり、サービスに支障がでる。

仕方なく、/p5-Mail-SpamAssassin/ を外すようにした。

 # pkg_delete p5-Mail-SpamAssassin-3.1.0_6

To delete spamd user permanently, use ‘rmuser spamd’

いつかまた使うかも。

FreeBSD 6.1Rへアップグレード

Published by:

FreeBSD 5.5R はPerl関係なかなかまともに動かない、安定性はFreeBSD 6.1R上という評判のため、5月29日夜、FreeBSD 6.1へアップグレードを開始。

それから長いアップグレード作業が始まった。

Perl 5.88はインタープリタとして機能するが、ApacheのCGIプログラムとして、エラーになる

Can’t locate strict.pm in @INC (@INC contains:
/usr/local/lib/perl5/5.8.8/BSDPAN
/usr/local/lib/perl5/site_perl/5.8.8/mach
/usr/local/lib/perl5/site_perl/5.8.8
/usr/local/lib/perl5/site_perl
/usr/local/lib/perl5/5.8.8/mach
/usr/local/lib/perl5/5.8.8 .)
at /home/chen/public_html/affelio/index.cgi line 20., referer: http://chen.silkroad.net/left2.htm

以前のもMTインストールでPerlにだいぶ時間を潰れて、やはりPerlは嫌だ!

FreeBSD 5.5R Upgrade

Published by:

FreeBSD 5.5R 出たので、いつものように早速Upgradeを行う。

しかし、Upgrade途中Perlのアップできない問題が発生。

その後のバックアップも、5.4で2時間のものが、5時間かかる様になる!

先日「オープンソース」誌で、5.x系が不安定、6.x系がよくテストされていると言われて。

失敗!遅かった!

ほぼ一人で構築、管理中サーバ一覧

Published by:

この会社の創業から一年9か月で、ゼロからほぼ一人で構築、管理中20台サーバ一覧だ。

2001年Code Redの登場で、その際対策に大変苦労したことが覚えている。

もうすぐ会社離れるから、ちょっと寂しいね!

アプリケーションサーバは、16台WindowsNT4とWindows2000で構成。

画面確認のため、モニタスイッチが用意した。

UPSも備えてるが、パワー不足のため主要サーバのみ利用する。

DSCF0010 DSCF0006

 

 

 

 

 

 

ADSL回線が2回線、アプリケーションサーバ一回線とインターネットサーバ一回線を利用。

インターネットサーバは、4台FreeBSDですべて手作り構築、モニタはいらない!

DSCF0007 DSCF0008

社内LANはNATを通して、ADSLの一回線に接続。

専用のサーバルームではなく、オフィスの凹む角に設置したが。夏は暑いので、暴走が心配でその角は扉をつけて、専用エアコンを備えるようにした。