Raspberry Pi 配達された

Published by:

注文した、Raspberry Pi は配達された。DHLでイギリスからの発送でした。

2012-07-26 18.40.47

パッケージの中はこんな箱に入っている

2012-07-26 18.41.46

箱を開けると説明書と本体

2012-07-26 18.44.20

試しに名刺の箱に入れたところ

2012-07-26 18.48.19

では、何か作ってみようかな!

Raspberry Pi 注文

Published by:

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)は、名刺サイズの価格35ドルの「単板機」(single-board computer)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/Raspberry_Pi

多分3月こと、Fecebookで情報を知り、予約したが、今日やっと注文できるの知らせが来た。

本体は35ドル、送料は8.02ドル、総額43.02ドルで注文した。届くまで5週間かかるから、とりあえず楽しみに。

用途として、HDMIでTVに接続し、10/100 Mbps で無線ルータ(USB電源出力付き)に繋いで、AirPlayを作ってみたいと思う。

 

(液晶TV)---HDMI---(ラズベリーパイ)---LAN---(無線ルータ)---WIFI---(WIFIルータ)
                   (    電源入力 )---USB---(5V電源出力)

 

iPhone, Androidから、ビデオ見るなり、プレゼンなりできるといいね。

CloudCoreサーバを体験(2)

Published by:

CloudCoreはCP(Control Panel )なしのVPSで、コマンドライン慣れないものなら、操作が覚えるまで大変な作業になります。

OSSのCPを探し、Kloxo という無料のCPが見つかりました。

Kloxo — a free, opensource web hosting control panel for the Red Hat and CentOS Linux distributions.

 

Continue reading

CloudCoreサーバを体験

Published by:

CloudCoreサーバはKVMによる完全仮想化したもの、CPU1コア×メモリ2GB×HDD100GB=945円、圧倒的なパフォーマンス。

    http://www.cloudcore.jp/vps/spec/

初期出荷状態の標準装備では、CentOS 5.6 、いつでも初期出荷状態にリセットすることが可能である。

設定ファイル	/etc/sysconfig/selinux
設定内容	SELINUX=disabled
設定ファイル	/etc/sysconfig/network
設定値	HOSTNAME=localhost.localdomain
設定ファイル	/etc/hosts
設定内容	127.0.0.1 localhost.localdomain localhost ::1 localhost6.localdomain6 localhost6

CentOS のほかに、Debian, Fedora, Ubuntu, FreeBSDも選べられ、管理画面から簡単に入れ替わる。

早速アップデートをかけ,PHP関連のパッケージを入れる。

# yum update
# cat /etc/redhat-release
 CentOS release 5.8 (Final) 
# yum -y install php-devel php-gd php-mbstring php-mysql php-pdo php-pear php-xml php-imap

この状態で、WordPressをインストールして、動作を確認した。

[Debain 5] (lenny) から Debian 6 (squeeze) へアップグレード

Published by:

FreeBSDから、Debianへ切り替えて、しばらくした。

Moodle2のインストールで、PHP5.3が必要になり、Debian 6 (squeeze) へアップグレードを試みした。下記のURLを参考した。

http://www.howtoforge.com/upgrade-debian-lenny-to-squeeze-in-a-few-simple-steps

数時間後、途中一度再起動が必要って、思ったより楽にアップグレードできた。

さっそくMoodle2のインストールしてみたが、DBにつながらない!

mysql-server5.0はObsoleteになってしまうので、5.1を入れなおす必要があり、そのMySQLが5.0から5.1へのアップグレードが手動でする必要があった。

# apt-get install mysql-server-5.1

これて、Moodle2無事にインストールできた。

いままでFreeBSDのアップグレード度に苦労して、収拾つかないから、新規インストールしたことが何度もあった。Debain がよくできた!

大容量(2T)HDD購入

Published by:

データバックアップのため、手元の空き少なくなったから、購入に踏み切った。手元にあるのは160G-250G殆ど、一気に10倍増えて、気持いいところ。94年ころ買った200Mの外付けHDDは7万円台でしたが、今回買った2Tの外付けHDDは8千円台でした。
まずWinとDebian兼用を考慮し、640GをexFAT、残り1280GをEXT3にした。
それからWin系のメデイアにあるファイルを全部640Gにコピーし、すぐ2/3を埋まった。
そしてDebianサーバに接続し、ホームサーバとKuroBoxサーバのUNIX系のファイルも1280G にコピーした。
最後に、640GのexFAT, 1280GのEXT3両方ともホームサーバにマウントし、SAMBAで共有する設定をした。KuroBoxサーバは当分必要なくなるから取り外し事になった。

自宅サーバ2台目

Published by:

遂に、自宅サーバ2台目導入。

今まで一台で、すべて兼ねてたが、限界が来ました。

先週から、サーバの負荷か100%のままになり、CPUは殆どMYSQLサーバに吸収され。最初はattackと思ったが、調べたら、漢詩のDBのアクセスが原因でした。

漢詩のDBが巨大なので、以前、会員限定で、凌ぎた。

Poem databbase 1.0: www.poemdb.com

最近、漢詩のDB2.0が試験しているので、もう会員限定には行かないから、専用にDBサーバが必要ね。

Poem databbase 2.0: www.poemdb.cn

ということで、自宅サーバ2台体制になりました。ついでに、DBサーバもMySQL5.0系に移行した。

FreeBSD 7.0 Released

Published by:

偶然看到 FreeBSD 7.0 へようこそ , 原来FreeBSD 7.0已经推出。而且是在 2008/2/27 , 3个多星期前。最近忙啊!

在笔记本电脑上,试用 freebsd-update (6.3R -> 7.0R)。

启动信息里,有windows 领域的标签,看来与windows 协同方面也有些可取之处(进展)。

还有,无线卡自动认识为 ndis0 , 不过还是连不上网。

有时间慢慢研究。