Pi (6) USB to PC (2)

Published by:

USB を通して、 PCに接続する 2nd実験。

USBアダプターの購入

RaspberryのUSB Connector Expansion Boardが安く売っているので、導入することに。

「ラズパイzero w usb」の画像検索結果

接続実験

SB を通して、 PCに接続する 実験は、以前できたことで、ハードウェア繋ぐだけで動くはずだが、苦労した。

ラズパイZeroまたはZero WをUSBケーブル1本でPCやMacに接続する方法は、いつの間にうまくいかなくなった。

つまり、ssh pi@raspberrypi.local がうまく繋がらない。

Raspberry Pi (8) Nokia 5110 LCD 2nd

Published by:

一年前にNokia 5110 LCDの表示が出来たが、今回はそれをRaspberry Pi に組み込み、されにボタンを追加する。

ボタンは短押し検知すると、LCDのバックライトのon/offで、さらに長押しすると、Raspberry Piシャットダウン機能も持たせる。

GPIOへのスイッチオン・オフ検知回路。

sw1

Pythonプログラム

#!/usr/local/bin/python
# -*- coding: utf-8 -*-
import time
import RPi.GPIO as GPIO
import os

# LEDのGPIOピンの番号、センサーのGPIOピンの番号
let_pin = 18
sw1_pin = 16
sleeptime = 1
led_01 = 0
GPIO.setmode(GPIO.BCM)
GPIO.setup(sw1_pin, GPIO.IN)
GPIO.setup(let_pin, GPIO.OUT)
GPIO.output(let_pin, GPIO.LOW)
def switch_detected(sw1_pin):
  global led_01
  led_01 = 1 - led_01
  if led_01 == 1:
    # 点灯
    GPIO.output(let_pin, GPIO.HIGH)
  else:
    # 消灯
    GPIO.output(let_pin, GPIO.LOW)

  sw_counter = 0
  while True:
      sw_status = GPIO.input(sw1_pin)
      if sw_status == 0:
          sw_counter = sw_counter + 1
          if sw_counter >= 50:
              print("長押し検知!")
              os.system("sudo shutdown -h now")
              break
      else:
          print("短押し検知")
          break

      time.sleep(0.01)
  time.sleep(sleeptime)

# コールバック登録
GPIO.add_event_detect(sw1_pin, GPIO.FALLING, callback=switch_detected)
try:
  print "ctrl+c  :  if you want to stop app"
  print "App Start"
  while True:
    time.sleep(sleeptime)
except KeyboardInterrupt:
  print "Quit"
finally:
  print "clean up"
  GPIO.cleanup()

これを起動時自動的に作動する必要がある。

参考:

  • https://qiita.com/clses/items/e701c1cb6490751a6040 – ラズパイでシャットダウンボタンを付ける(ついでに起動ボタン)

PIXEL (4) Japanese Input

Published by:

Raspberry Pi 設定ツールで日本語化する

ラズベリーパイメニューからPreferences → Raspberry Pi Configurationの順に選択します。
2017073001
LocalisationタブのSet Locale…ボタンを押します。
Language:にja (Japanese)を選択します。
Timezone:をJapanに設定します。
Keyboard:のSet Keyboard…を押して、CountryにJapan、Variantはご使用しているキーボードの種類を選択します。分からない場合はとりあえずJapaneseで大丈夫だと思います。
WiFi Country:のSet WiFi Country…を押してCountry:にJP Japanを設定します。
最後にRaspberry Pi ConfigurationのOKを押すと再起動するか尋ねられるのでYesボタンを押して再起動します。

コマンドで日本語化する

ターミナルを開いて言語とタイムゾーンを設定します。

[*] ja_JP.UTF-8 UTF-8 を選択

アジア / Tokyo を選択

日本語関連パッケージをインストールします。
いったんログアウトして、再度ログイン(ユーザー名 : pi、パスワード : raspberry)するとデスクトップは日本語になります。

日本語入力

ラズベリーパイで日本語入力を行うための方法はいくつかあります

  1. fcitx-mozc
  2. scim-anthy

fcitx-mozc

今回は、Google日本語入力のオープンソース版である「Mozc」を使った方法を試してみましょう。

  • 日本語入力:
    sudo apt-get install fcitx-mozc --install-recommends -y
    再起動後、CTRL+スペースで日本語入力できる。。ハズ..
  • ラズパイメニュー > 設定 > Fcitxの設定 で、入力メソッドのとこで一番上が、キーボード – 英語(UK) だったら、削除する(Mozcだけ)か、US配列キーの場合、”英語(US)”にする。
  • フォント:
    sudo apt-get install fonts-ipafont fonts-ipaexfont fonts-takao

scim-anthy

日本語が入力できるようにscim-anthyをインストールします

sudo apt-get install scim-anthy

Raspberry Pi (7) OLED status

Published by:

Raspberry Pi ZeroにOLED をつけて、statusを表示する。
Raspberry Pi Zeroは、ネットワークi/fがないため、入手して大分時間がたちまして、棚上げ状態が続く。
USB WiFiを追加し、さらにOLEDでipアドレスなどのstatusが表示できれば、使い道が増えると考えた。
試行錯誤の末、下記のものができた。

  1. オスのUSB追加で、PCに直挿入
    (2は共存できないため、不要!)
  2. USB WiFiでネットワークに接続
  3. シリアル接続ための端子を用意
  4. OLEDでstatusの表示
  5. BMP280で環境温度と気圧を収集

開発環境構築

まず、オスのUSB追加で、PCに直挿入できるように。

(参考: Raspberry Pi (8) USB to PC

PCに直挿入、sshで操作らくらくと調子がいいだけと、
しかしここで、MicroUSBにWiFiドングリをさして見たら、認識しない!共存できないと発見した。

仕方なくシリアル接続ための端子を追加した。

OLEDでstatusの表示

(TBD)

BMP280で環境温度と気圧を収集

(TBD)

Pi (5) USB to PC

Published by:

Raspberry Pi Zero はWiFiもない、LANもないから、使いづらい。

USBで直接PCに刺して使えるならいいと思い、やってみた。

ハードウェア

ついてに、OLEDも繋げて、何かメッセージ見るとき便利。

完成した様子。

ソフトウェア

SDカードにRaspbianを書きこむ

いつもの方法

bootボリューム内の一部ファイルの修正

編集するファイルは3つ。

config.txt

次のコマンドでファイルを開く。

最終行に次の内容を追加。

 

cmdline.txt

次のコマンドでファイルを開く。

rootwaitquietの間にmodules-load=dwc2,g_etherを挿入。

編集後の内容は次のとおり。

 

ssh

現行のRaspbianは,デフォルトでsshによるログインが無効になっていて,モニタやキーボードを接続してローカルからログインする必要。でも,ファイル/boot/sshが存在すると,初回起動時にsshが有効になる。

以上の作業が終わったらMacからSDカードをアンマウントし,Zeroに挿入。

早速Macに繋いて動作確認。

 

Macのターミナルを起動し,次のコマンドでZeroにログインする。初期パスワードは”raspberry”。

ログインできたら、あとはLinuxとして自由に利用できる。

ネットワークに繋ぐには、Pi対応USB WiFi  ドングルを利用する。

参考

  1. http://blue-black.ink/?p=3674

Pi (4) LAMP setup

Published by:

Raspberry PiにLAMP環境を作る

install

念のため、updateしておく。

pi@raspberrypi:~ $ sudo apt-get update

AMPを一気にinstallする
pi@raspberrypi:~ $ sudo apt-get install -y apache2 php5 mysql-server
Apache2 Debian Default Page をみる
http://192.168.11.139/

PHP動作確認

Document Rootsは、/var/www/html の下。そこにinfo.php ファイルを作って、PHP動作確認する。
pi@raspberrypi:~ $ cd /var/www/html
管理者権限で、ファイルを新規作成。
root@raspberrypi:/var/www/html$ sudo nano info.php
またはrootユーザーになって
root@raspberrypi:/var/www/html#  nano info.php

ファイルの中身を確認
root@raspberrypi:/var/www/html# cat info.php
<?php
phpinfo();
?>
ブラウザーから、PHPの設定情報が見れる。
http://192.168.11.139/info.php

PIXEL (3) Screen resolution

Published by:

PIXEL (Raspberry OS)は、USBメモリに書き込んで、古いi386のPCでも活用でするもの。
静音PCでPIXELを動かすと、800×600の解像度になってしまう。ちと狭い。変更する方法はあるのかな…。
_PIXEL for PC and Mac – Raspberry Pi のコメント欄で、xrandr とやらを使って解像度を変更する例が紹介されてる。

sudo xrandr --output Virtual1 --mode 1024x768

上記のように打ってみたら、エラーになり、困った。

pi@raspberrypi:~ $ sudo xrandr --output Virtual1 --mode 1024x768
warning: output Virtual1 not found; ignoring

なぜだろう!試しに引数なしでコマンド送ったら、ステータスとオプションが表示してくれた。

pi@raspberrypi:~ $ sudo xrandr
Screen 0: minimum 320 x 200, current 640 x 480, maximum 2048 x 2048
LVDS1 connected 640x480+0+0 (normal left inverted right x axis y axis) 0mm x 0mm
640x480 63.10*+ 59.94
VGA1 connected 640x480+0+0 (normal left inverted right x axis y axis) 338mm x 270mm
1280x1024 60.02 + 75.02
1024x768 75.08 70.07 60.00
800x600 72.19 75.00 60.32
640x480 75.00 72.81 60.00*
720x400 70.08

これて、output を推測し、下記のコマンドを送る。

pi@raspberrypi:~ $ sudo xrandr --output VGA1 --mode 1024x768

解像度が変更できた。
これでは次回起動時にはまた元に戻ってしまって。さて、どうしたら…。
更に arandr なるツールをインストールしたらGUIでも解像度を変更でき;~/.config/autostart/ に.desktopファイルを置くと、Xセッション起動時に自動起動が走るらしいので、時間があったらまた試してみる。
 

Raspberry Pi (6) Nokia 5110 LCD

Published by:

Nokia 5110 LCD表示するための設定

最初の参考文献で、下記のコマンドを実行

cd /home
sudo apt-get update
sudo apt-get install python-pip python-dev build-essential
sudo pip install RPi.GPIO
sudo apt-get install python-imaging
sudo apt-get install git
sudo git clone https://github.com/adafruit/Adafruit_Nokia_LCD.git
cd Adafruit_Nokia_LCD
sudo python setup.py install
Adafruit examples programsを実行:
pi@raspberrypi:~/Adafruit_Nokia_LCD $ cd examples/
pi@raspberrypi:~/Adafruit_Nokia_LCD/examples $ python shapes.py
Traceback (most recent call last):
  File "shapes.py", line 60, in <module>
    disp = LCD.PCD8544(DC, RST, spi=SPI.SpiDev(SPI_PORT, SPI_DEVICE, max_speed_hz=4000000))
  File "build/bdist.linux-armv7l/egg/Adafruit_GPIO/SPI.py", line 42, in __init__
IOError: [Errno 2] No such file or directory

困りました!
もしかしてと、昨日のRaspberry Pi (9) Red LED Matrix Moduleを見直し、spi->> Onが必要と気づいた。

  • spi ->> On

これて、Adafruit examples programsを実行に問題なく表示できた。

参考文献

  1. http://projects.privateeyepi.com/home/home-alarm-system-project/nokia-5110-lcd-project

Raspberry Pi (5) Red LED Matrix Module

Published by:

Raspberry Pi用赤いLED Matrix Moduleを購入したので、まずためす!

セットアップ


このように、GPIOに差し込むタイプ。何かできるかと思うと、流れ文字、テトリスゲームはいいかもしれません。
ちょっと初期のPiで試したが、OSが古いため、パッケージインストールエラーなど、問題発生する。仕方なく、別SDに最新版のOSを導入して進む。
起動したら、下記の3点設定する。

pi@raspberrypi-256M:~ $ sudo raspi-config
  • Video Momory 64M ->> 16M
  • ssh ->> On
  • spi ->> On

ドライバーインストール

ドライバーの C library for Broadcom BCM 2835 インストール.

wget http://www.airspayce.com/mikem/bcm2835/bcm2835-1.49.tar.gz
tar xf bcm2835-1.49.tar.gz
cd bcm2835-1.49
./configure
make
sudo make check
sudo make install

サンプルコード

サンプルコードの取得

cd ~
git clone https://github.com/leon-anavi/raspberrypi-matrix-led-max7219.git

C言語サンプルコードのビルド

cd ~/raspberrypi-matrix-led-max7219/c
make

実行する

sudo ./led-max7219-text hello



参考ビデオ

PIXEL (2) Setup publickey

Published by:

経緯

今回は、Raspberry Pi (ハードウェア)ではなく、Raspberry OS(基本ソフト)の話。
PIXEL (Raspberry OS)は、USBメモリに書き込んで、古いi386のPCでも活用でするもの。
Raspberry Pi (ハードウェア)がなく(不足)でも、同じOS体験できるがねらい。
Raspberry OSで、Atomエディタの動作が確認したくで、しばらく放置のPIXELを再起動してみた。

sshしてみる

まず、セキュリティ対策のため、 SSHサーバ初期値はオフになっています。調べて、/boot/に、sshというファイルを作成することでsshサーバを起動時に立ち上げてくれます。
それからsshしてみる。

外部から、ssh してみたが、publickeyがいるようですね。
chen@raspberrypi:~ $ ssh pi@192.168.11.138
The authenticity of host ‘192.168.11.138 (192.168.11.138)’ can’t be established.
ECDSA key fingerprint is 91:dd:87:09:8d:f4:a7:d1:5e:99:58:86:d1:e2:c5:e2.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added ‘192.168.11.138’ (ECDSA) to the list of known hosts.
Permission denied (publickey).
chen@raspberrypi:~ $ ssh pi@192.168.11.138
Permission denied (publickey).
(Update:最新版のPIXELは、publickeyなしでも接続できるから、下記の設定は不要だ)

SSH 接続用の鍵ファイル作成

ssh-keygen -t rsa
を実行して下さい。以下のようなメッセージが表示されます。鍵ファイルを作成する場所を聞かれているだけなので、特に問題がなければエンターを押すだけで構いません。
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/home/pi/.ssh/id_rsa):
 この後、2回パスフレーズの入力が求められるので適当なパスフレーズを入力して下さい。このフレーズ自体はそれほど強固でなくても構いません。(このフレーズは忘れないでください)。
これで、/home/pi/.ssh/ ディレクトリに id_rsa(秘密鍵) と、 id_rsa.pub(公開鍵)が作成されます。
次は、作成された公開鍵を pi ユーザーの公開鍵として登録します。
cat .ssh/id_rsa.pub >> .ssh/authorized_keys
 一方、秘密鍵(/home/pi/.ssh/id_rsa)の方は外部から Raspberry Pi にアクセスする際に利用するので、他のパソコンや USB メモリ等にコピーして下さい。この鍵はとても大切なので、絶対に第三者に漏れる事がないようにしてください。
あとは、念のため今までのファイルのアクセス権を pi ユーザーのみ読み書き出来るようにしておきます。

chmod 600 ~/.ssh/authorized_keys
chmod 600 ~/.ssh/id_rsa
chmod 600 ~/.ssh/id_rsa.pub

Clientにid_rsaをコピー

また外部からssh接続できないので、困るが、
内部から、他のPiにsftpして、 id_rsaをコピーする
ファイルは、.sshの下へ移動
root@raspberrypi:/home/chen# mv id_rsa .ssh/

sshしてみる

chen@raspberrypi:~ $ ssh pi@192.168.11.138
Enter passphrase for key ‘/home/chen/.ssh/id_rsa’:
The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.
Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.
pi@raspberrypi:~ $
ついに成功!